プラスチックマグネット(プラマグ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プラスチックマグネットとは、樹脂に各種の磁性粉を混ぜて成形した磁石です。特徴としては、様々な形に成形ができ、多極着磁や、ラジカル方向の着磁もできます。ただし、プラスチック分を含むために磁力は低くなってしまいます。OA機器や自動車、スマートフォン、医療機器等に使われています。

磁石粉を成形するバインダとしてエポキシ樹脂やフェノール樹脂のような熱硬化性樹脂が使用されます。添加量は、数パーセント程度です。溶剤カットしたバインダを磁石粉に噴霧、溶剤乾燥しながら造粒し、最終的に圧縮成形、加熱硬化を行い、最終形状を作ります。当社では、粉体タイプのエポキシ樹脂バインダや溶剤カットタイプのエポキシ樹脂バインダを取り扱っております。最近のトレンドは、高耐熱性のあるバインダです。

当社関連製品

ペルコート<プラマグ・バインダー用樹脂・XW-2310>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください サンプル、SDS、詳細データ、成分表などをお問い合わせいただけます。