低圧リム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低圧リムとは、反応型の液状樹脂を低圧で型内に注型し、型の内部で反応させて硬化し、成形品を得る製造方法です。低圧のため、高価な金型などは不要で、樹脂型などでの成形が可能です。このため、数十~数百個程度の少量量産品などの製造に利用されています。

大気中の樹脂型内に2~3kg/cm2の圧力で樹脂を流して成形品を作成します(通常の熱可塑性樹脂の射出成形は、約500kg/cm2の圧力が掛かります。)。医療器や車の外装の様な大物の成形物作成に使用される技法です。大気中での成形のため、複雑な形状は苦手です。

当社関連製品

ペルウレタン<低圧リム用ウレタン樹脂・MU-703A / MU-703B>
ペルウレタン<低圧リム用ウレタン樹脂・MU-751A / MU-751B>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください サンプル、SDS、詳細データ、成分表などをお問い合わせいただけます。