耐候性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樹脂は屋外にて日光や風雨に暴露された場合、外観、機械的及び電気的性質等に対していわゆる天候劣化を引き起こします。一般的に、この天候劣化を起こしにくい性質を「耐候性」と呼んでいます。劣化の要因としては、主に熱、光、空気(酸素)ですが、その他にも種々の要因があり、それらは単独ではなく複合して作用し、劣化が生じていると考えられています。対策としては、大きく二つあり、①原因となる因子によって劣化しない樹脂を選定する原因療法的な方策、②紫外線吸収剤や酸化防止剤によって劣化促進を抑える対症療法的な方策があります。通常は片方の方策だけでなく、両方を組み合わせる場合がほとんどです。当社ではエポキシだけでなく、ウレタンやシリコーン樹脂等様々なラインナップを取り扱っています。お客様の使用想定環境に応じ、適材適所に耐候性を有した製品をご提案します。

当社関連製品

ペルノックス<高圧部品絶縁材料>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください サンプル、SDS、詳細データ、成分表などをお問い合わせいただけます。