耐摩耗性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

摩擦や研磨によって表面が減量する(すり減る)現象を摩耗と言い、摩耗しづらい材料は耐摩耗性が高いと言われます。耐摩耗性を向上させるには、摩耗の原因である摩擦力への対策が必要であり、主に下記に示す3つのアプローチがあります。①材料を硬くして摩耗量を減らす。②摩擦力が生じにくい(摩擦係数の小さい)表面にする。③摩擦力を材料の内部で緩和する。当社のウレタンエラストマーのMU-697は上記の①と③のアプローチによって高い耐摩耗性を有しています。

当社関連製品

ペルウレタン<ウレタンエラストマー・MU-697A/MU-697B>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください サンプル、SDS、詳細データ、成分表などをお問い合わせいただけます。