耐衝撃性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耐衝撃性とは、材料が瞬間的に大きな力を受けた時の耐久力のことを指します。硬い材料はゆっくりと負荷をかければ非常に大きな耐久力を発揮する一方で、ハンマーでたたくなどの瞬間的な力にはいとも簡単に割れてしまう材料がほとんどです。言い換えると、硬い=脆い(耐衝撃性が小さい)と言えます。そのため、耐衝撃性を向上させるには硬さと脆さのバランスをとった設計をする必要があります。測定方法としては主にアイゾッド衝撃試験やシャルピー衝撃試験が使用されます。 当社では耐衝撃性に優れる様々なウレタン樹脂製品を取り扱っております。

当社関連製品

ペルウレタン<電気用ウレタン樹脂、ウレタンエラストマー、試作モデル用ウレタン樹脂>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください サンプル、SDS、詳細データ、成分表などをお問い合わせいただけます。