低抵抗値で常温硬化。未来へ繋がる、導電性接着剤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

・環境と人にやさしい製品に向けて

・開発品 XJS-3066A/B 5つの特徴

・「あったらいいな」を実現したい


環境やさしい製品に向けて

 接着=加熱が必要だと思っていますか?加熱硬化だけが接着剤ではありません! 市場に出回る熱硬化性樹脂は、硬化させるために加熱が必要であったり、特性を発現させるため劇毒物を配合しているケースが多くあります。

しかし、今回ご紹介する開発品 XJS-3066A/Bは加熱せずに硬化し、劇毒物を含有しない製品で、環境と人に優しい導電性接着剤となります。

開発品 XJS-3066A/B 5つの特徴

 本開発品の最大の特徴は、劇毒物に該当しない成分でつくられた、常温硬化できる接着剤ということです。常温硬化できるということは、加熱が出来ないような部材に対しても使用することができ、かつ省エネ効果も期待できます。

また、2液混合タイプでありながら、配合比(体積比)1:1にて混合が可能であり、使い易さも追及しました。さらに、硬化中に揮発成分や有害物質は発生しませんので、環境と人に優しい製品です。

 年々、電子部品の高性能化や小型化により、高い導電性が求められています。 しかし、従来の常温硬化タイプは硬化後の体積固有抵抗値が10-3(Ω・cm)で、熱硬化タイプに比べると抵抗値が10倍以上高い課題がありました。これは常温硬化特有の課題でありましたが、 当社の新たな技術を用いてこの抵抗値の課題を解決しました。
また無溶剤系で、低銀含有量であるにも関わらず、体積固有抵抗値を10-4(Ω・cm) に低下させ、より高性能な接着剤の開発に成功しました。

さらに、体積固有抵抗値だけでなく、接着強度も兼ね備えています。

基本物性

インベントリー情報

「あったらいいな」実現 したい

 この開発品は、従来の導電性接着剤の課題であった、高い体積抵抗固有値を解決し、かつ常温硬化もでき、さらには使い易さも追及した接着剤です。
また、スマートウォッチ等のウェアラブル端末や、EV車用の部品ヘルスケア用のセンサー用途、光学系部品など、次世代のニーズを意識して誕生した製品でもあります。

導電性接着剤をお探しの皆様の「あったらいいな」を実現し、お役に立ちたいと思っております。

開発1G 野上

開発品 XJS-3066A/B に関するお問い合わせ

 サンプルなどのご要望がありましたら、お問い合わせフォームよりお申し込み下さい。折り返し、担当者よりご連絡いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください サンプル、SDS、詳細データ、成分表などをお問い合わせいただけます。