会社概要

ごあいさつ

フォーミュレーターとして培ってきたノウハウで社会に貢献する

当社のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

当社は、1970年の設立以来、一貫して樹脂フォーミュレーターとして培ってきました技術、ノウハウをベースにして、お客様のニーズにきめ細かく対応しながら、製品をご提供することにより、お客様と共に成長させて頂きました。

このホームページでご紹介します様に、エポキシ系製品(液状、粉体)だけでなく、ウレタン、シリコーン系の絶縁材料から、コーティング材料、導電ペースト材料をラインアップしております。用途も、電子部品をメインとして、自動車関連部品、産業機器部品、スポーツ用品、日用品に至る多岐に渡っており、日本国内のみならず、欧州、中国、東南アジアを中心に、世界中に製品をお届けしております。お蔭様で、国内外1、000社を超えるお客様に、900種類を超える製品を採用、使用して頂いております。

当社は、2003年に荒川化学工業(株)のグループに加わり、開発体制を強化して、新たな素材、合成技術を駆使した製品開発を進めております。2007年には、秦野市に本社社屋、液状製品工場、開発センターを新設、2011年にはクリーン環境を備えた導電材料工場を稼働させ、以降も新製品に対応した生産環境・設備の整備を進めて参りました。

今後も環境問題、自動車の電装化・軽量化などの技術トレンド、ニーズの変化をいち早く捉えて、お客様に新たな価値創造をもたらすオリジナリティー溢れる製品創りに全社をあげて邁進して参ります。

皆様の一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 水家 次朗

経営理念

技術と誠意をもって社会に貢献し、ともに成長する

行動指針5つのC

会社概要

商標 PELNOX
商号 ペルノックス株式会社
所在地 神奈川県秦野市菩提8番地7
会社設立 昭和45年(1970年)
資本金 6,000万円
主要取引銀行 横浜銀行(秦野支店)
三菱UFJ銀行(厚木支店)
決算期 3月
従業員 145名 ※平成30年4月1日現在

役員一覧

代表取締役社長 水家 次朗
取締役 仲村 聡史(営業統括部長 兼 IV戦略室長)
取締役 佐藤 大(生産統括部長 兼 保安担当)
取締役 三浦 実(営業推進部長 兼 東京支店長)
取締役 髙畑 数彦(業務統括部長)
取締役 安藤 紀芳(開発統括部長)
取締役(非常勤) 稲波 正也
取締役(非常勤) 本木 啓博
監査役 柳川 洋
監査役(非常勤) 村上 茂人

組織図

沿革

1970年(昭和45年) 1月、会社設立、横浜戸塚区にて エポキシ樹脂配合品の製造販売を開始
1971年(昭和46年) 7月、東京営業所開設
8月、神奈川県秦野市に本社・秦野事業所を設置し、戸塚工場を同所に移転
1974年(昭和49年) 6月、大阪営業所開設
1985年(昭和60年) 6月、南足柄市技術センター・足柄事業所を設置、シリコーン事業に進出するとともに、技術開発部門を秦野事業所より技術センター移転
1989年(平成元年) 4月、型材用合成木材(姫子ブロック)、型材用パテ類(姫子パテ、姫子ラミネート)など治工具材料の販売を開始
1991年(平成3年) 4月、ポリウレタン樹脂製品(ペルウレタン)を上市
10月、販売会社、台湾朋諾股份有限公司(台湾ペルノックス株式会社)を設立
1992年(平成4年) 1月、エポキシ樹脂生産に関し英国スターリングテクノロジー社と業務提携
1995年(平成7年) 10月、製造販売会社、日華股份有限公司(日本ペルノックス台湾)を設立
1996年(平成8年) 11月、ISO9002取得
2000年(平成12年) 7月、導電・帯電防止樹脂製品(ペルトロン)を上市
2002年(平成14年) 11月、ISO9001取得
2003年(平成15年) 9月、上海駐在員事務所開設
10月、荒川化学工業株式会社が85%の株式取得
2004年(平成16年) 1月、ISO14001認証取得
2006年(平成18年) 9月、荒川化学工業株式会社が100%の株式取得
2007年(平成19年) 4月、ペルノックス株式会社へ商号変更
7月、本社、工場及び開発センターを新設
2011年(平成23年) 5月、導電・帯電防止樹脂製品工場を新設